ちゃりすの色々やってみるブログ

50代から苦手をなくしワクワクする人生を送る方法 -How to enjoy life after 50-

Camblyでチューターさんとおしゃべり

珍しく平日にレッスンを予約してみました

GW中にエッセイのチェックをしてもらったチューターさんが良かったので、2回目のレッスンです。

彼女はイギリス人ですが、急に思い立って家族でスペインに移住したというお話を前回伺いました。

とても良いレッスンだったのでまた予約したかったのですが、週末はスケジュールがオープンになっていなくて、平日も空いてる時間は真夜中とか(;▽;)

なかなかスケジュール合いませんでしたが、今日は17時半に予約が取れたので、仕事後のレッスンとなりました。

 

Empty-nest syndrome

今日は何について話そうかなあ·····ニュース記事を読んでディスカッション、というのも別のチューターさんにオススメされましたが、そんな気分でもなく。

元気?実はあまり元気じゃないの·····あら、どうしてー?実は、子供が2人、相次いで家を出たもんだから、急に夫婦2人になっちゃって·····。

あら~!それはempty nest syndromeねー。わかるわ~

という感じで、同世代の母親同士の話になりました。

4月に下の子が就職で家を出て、めちゃくちゃ寂しかったんですね。まあ、反抗期の激しい息子だったので、それはそれはアグリーな言い合いとかしょっちゅうだったんですけど。

コロナで待機状態になったのでまたしばらく戻ってきてたんですが、先週末帰っていきました。

そして、長男も職場の近くに移ることになり、こちらは10日前に引越し。

長男は高校生の時にADHDの診断を受けていて、計画的な行動や生活のコントロールが苦手です。母親として、心配なことは山ほどあります。でも、家にこのままいたら何も出来ないままだから、と自立を決めた長男を送り出すしかありませんでした。

このような話をしていると、チューターさんが、私には25歳の息子がいて、普段は離れて暮らしてるんだけど今コロナで戻ってきてて。それでね!彼、出かける時に玄関にキーを差し込んだまま、持っていくのを忘れて出て行ってるのよ!お隣さんにドアにキーがついたままになってるわよ!って言われて。男の子なんてそんなものよ!何とかなるから大丈夫!

·····という話をして、慰めてくれました(;▽;)

そして、You should be proud of themと。そうですね。弱ったハートなので、ちょっとうるうるしてしまいました。

と、このように、ちょっとカウンセラー?みたいな会話もできたりしますので、オンライン英会話、オススメですよ!